HPを公開するなら脆弱性診断から

HPを公開するなら脆弱性診断から

WEBでホームページを公開するなら、脆弱性診断は必須です。

WEBでは、沢山の企業がホームページを公開しています。今や、ちゃんとした企業がホームページを持っていないというのは有り得ないと言えるくらい、ほとんどの企業が、それぞれの企業イメージに応じたホームページを製作し公開しています。そして一方、近年では次々にWEBの脆弱性が明らかとなる、ハッカーによる個人情報漏洩やウィルス感染などのニュースが話題となっています。

つまり今の時代は、企業が有名であればあるほど、その膨大な顧客名簿や企業の機密情報などが狙われ、盗まれる可能性があるというのも事実なのです。そしてもちろん、セキュリティ対策は、企業のホームページ制作段階で十分検討しておくべき課題で、そして公開されてからもずっと、気を抜かずセキュリティを時代の進歩に合わせ強化して行かなければなりません。そのためには、まず何よりも、ホームページ公開前に必ず脆弱性診断を行っておく必要があります。そして、脆弱な部分が見つかったら保留せず、即座に対応しておくことです。どんなに完璧なホームページや、それに順ずるシステムを作ったとしても、人が制作している限り不具合や抜け穴は存在する可能性のあるもので、日々進化している世界であれば尚更、守る側と狙う側とは常に追いつ追われつ、これで絶対に永遠に安全と言うことなど有りません。

だからこそ、今出来る最高を追い求めて行かなければハッカーに先を越され、大切な情報を盗まれてしまうことになり、会社の信用も当然失ってしまうことに成ってしまいます。また、その他にも、WEBに関する脆弱性は情報管理の側面から考えてみると、必ずしもコンピュータ上だけに限らない場合もあります。たとえば企業内で、大切な情報を守るという意識が、関係者全員に行き渡っているか、文書で保管している情報があれば、それは外部に漏れないような体制でシッカリ管理されているかなど、常に、関係者全員が同レベルで認識しておくことが必要なのです。

オススメサイト

Copyright (C)2014HPを公開するなら脆弱性診断から.All rights reserved.